し ん け み SPACE

花園陸橋ビル1
新検見川北口駅前・花園陸橋ビル テナント募集中!

ショップ、オフィス、共同使用OK。シャワー付きも2室
問)043-273-3470 または
メールフォーム
からお気軽に
花園陸橋ビル駐輪場
駐輪場1年まとめ払いなら2,400円オトク!

【Go!Go!しんけみがわ!】に広告掲載はいかが? 撮影やホームページ制作、ブログカスタマイズも承ります。
詳しくはこちらをご覧下さい。 各種お問い合わせは
【お問い合わせフォーム】
よりどうぞ。

天気-紫外線-放射能-地震

→千葉市の天気と注意報

↑時計下の絵をクリック

▶本日の紫外線情報
▶本日の放射線粒子分布
▶地震情報
▶列島揺震ライブモニタ
▶各区の避難場所
▶千葉県防災情報

もっとナイスな千葉にする提案

もっと話そうよ、千葉のこと

熊谷 千葉市は今どうなってる?千葉市長ブログ

市民オンブズ千葉バナー税金が正しく使われるよう行政と議会をチェック!

検見川送信所を知る会バナー
送信所利活用アイディア募集


いつでも里親募集中 犬猫里親NPOライフボート

千葉を愛するブロガーのポータルサイト「CHIBAZINE」

ちばし安全・安心メール

ちばし安全・安心メールは千葉市各区の防犯&防災情報をメールで配信。登録はこちらから↓

************
【緊急防犯情報】(振り込め詐欺情報)
振り込め詐欺と思われる不審電話が多発しています。
犯人は「千葉西警察署生活安全課」を騙っており「振り込め詐欺の犯人を捕まえた。あなたの口座が使われているかも知れない」等と言い、キャッシュカードを手に入れようとします。
また、犯人はキャッシュカードを受け取る時に、暗証番号を聞きだしてきます。
不審な電話があった際は、110番や最寄りの警察署・交番に通報してください。
千葉西警察署 043-277-0110


<メール配信サービス>
防犯情報(犯罪発生日報、緊急防犯情報、ワンポイント防犯情報)と防災情報(気象警報・注意報、震度情報、津波警報・注意報、災害時緊急情報、天気予報、アメダス情報、光化学スモッグ情報)や火災発生情報をメールで即時受信できます。
★登録・変更・配信停止はこちらから空メールを送信してください。

※携帯電話などで迷惑メール防止対策の設定をされている方は、登録前に「info@chiba-an.jp」からのメール受信が可能なように設定変更が必要です。
***************

◆詐欺被害急増!
不審な電話や郵便物は、消費生活センター043-207-3000千葉西警察署043-277-0110に相談を!

クリック募金

なんとなく誰かの役に立ってみたい気分の日にお試し下さい。 提携企業があなたに代わって募金します。(クリックするあなたには何の料金も発生しません)

最近のコメント

シンケミリンク

花園陸橋ビルバナー2
魅力ある新ケミづくりのため、まずはそうじとゴミ拾いから始めます_(^人^ )/

ゆい
オープンスペースゆい 地域であんなこと、こんなこと。色んな活動、一緒にやろう

きくち
「収蔵庫・壱號館」 日本の20世紀をメインとした建築画像&その他いろいろblog

検見川レイディオ
地域活動からバラ作りまで、アクティブで多彩な能力の持ち主

SHOGUN_LOGO
千葉ロッテマリーンズのファンはここに集合!

DECOR
インテリアデコレーターの輸入雑貨店。空間創りをお手伝い

HIRAOKA
本来あるべき「地域のかかりつけ医」を目指しています

たびたろう
3年でヒッチハイク570台!検見川や幕張の記事も多数

地下は暖かい。
日本全国野宿旅の記録

梅の湯ファンクラブ
梅の湯ファンによる梅の湯情報配信サイト

幕張フリースタイルバナー
集まれ。幕張を自由なスタイルで生きる人々

KAZENOOKA
「オペラを身近に」新検見川のオペラハウス。

mig
少人数制の本格的イタリア料理教室。

新検見川地域SNS「Go!Go! シンケミ」は、顔の見えるSNSです。防犯、不審者出没情報の共有からイベント企画、仕事情報、仲間同士の会議や地域の問題点改善まで、バーチャルな地域コミュニティ広場です。
完全招待制ですので、すでに参加しているお友達から招待してもらって下さい。

mixi参加者は1度、覗いてみて下さい。検見川地区を愛する人たちのコミュ。OFF会も盛ん!【I LOVE 検見川/本店】@mixi
他に、幕張・幕張本郷、海浜幕張、稲毛海岸支店あり。参加者募集中!

総武線各駅情報サイト

千葉-三鷹間、黄色い総武線各駅の情報サイトを集めていきたいと思います。

【幕張本郷】
仕事終わった?
管理人コーキチの「仕事終わった?」
は幕張本郷ウロウロブログ。曰く「幕張本郷の地域情報とロクデモナイ日記」。
街で見聞きしたあれこれを気ままに綴る不動産屋あんちゃんの日記。

【飯田橋】
IIDABASHI_LOGO


カウンター

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私たちの町のこと、もっとみんなで話そう、考えよう!
【もっとナイスな千葉にする提案BBS】はこちら

まずは地盤チェック

毎日のように揺れる日本。
首都直下 震度7だとか、房総沖、東海~南海連動だとか、富士山噴火だとか、活発化した地球の脅威に「何をどーすりゃいいのさ」と右往左往。

しかし地震で被害を受けた建物の画像を見れば見るほど、建物の安全はまずは地盤と感じる今日この頃。まずは自分がいる時間の多い場所の地盤をチェックしてみようと、内閣府の「表層地盤のゆれやすさ全国マップ」やジオダスの「軟弱地盤マップ」でチェックしてみた。
ジオダスのは地盤改良した記録も分かるようになっているが、優良地盤のすぐ隣が軟弱地盤だったりするので、あくまで目安。
昔水田や沼だったような場所や谷地は要注意だ。そういうのは古地図を見ると一目で分かる。
液状化、古地図を見ればリスクが分かる」(日本経済新聞 2011/6/1 )と言う記事には古地図の事や地名から過去の状態を推測する方法など、興味深い説明がある。
無くなってししまった場合は記事下の「続きを見る」より閲覧。

そして農業環境技術研究所の「歴史的農業環境閲覧システム」や、農研機構の「関東平野迅速測図」では、明治時代に陸軍が作成した精度の高い迅速測図を閲覧する事ができる。
上の新聞記事にもあるように、これだけだと、現在の場所がどこやら分かりにくいので、農研機構の「関東平野迅速測図」がおすすめ。
こちらは現代地図の透明度を替えて重ね見ることができる優れもの。
確認したい場所にドラッグで移動し、古地図の上にある基盤地図(現代地図)の透明度を変えると元の地形がよく分かる。
以下は新検見川駅周辺。現代地図は透明度50%
古地図

では、高台なら安心かと言うと、そうとも限らない
切土と盛土で造成する高台の振興開発地域は、過去の地震で大きな被害を出しているからだ。
あなたの宅地は大丈夫か」(pdf)

いくつかの自治体で大規模盛土造成地マップを作り、公開している。
千葉県のはあるにはあるが、(私には)分かりにくく使いにくい。造成地マップではなく造成した可能性があるかもマップのようだ。
地震被害想定/地域防災力マップ外部サイトへのリンク
「昭和20年代から40年代前半の地形図と最近の地形図(いずれも縮尺1/25000)の地形の変化から読み取った切土または盛土の可能性のある地点を表示することができます。」

さて、自治体の防災。たとえば神奈川県は昨年の3/11後より専門家を交え、すでに5回の「津波浸水想定検討部会」を行い被害想定の再検証をし、新たな「神奈川県津波浸水予測図」を作成中。既に素案も出ている。

一方千葉県のHPには、東日本大震災に関する報告ばかりで防災ページが見当たらない。
防災・国民保護」にある「千葉県地震被害想定調査」も平成19年のもの。
あの大きな3/11の後に、県民を守るための防災対策が見当たらないのだ!
海に囲まれている県であるにもかかわらず、「災害に強い県土づくり」の「千葉の海岸について」には、
(↓以下引用↓)
平成11年5月28日に公布された、新たな「海岸法」では、これまでの『災害からの海岸の防護(防災)』に加えて『海岸環境の整備と保全』及び『公衆の海岸の適正な利用がその目的に追加され、防災・環境・利用の3つの面でバランスのとれた総合的な海岸管理を目指しています。
また、都道府県知事は、国が定めた「海岸基本方針」に基づき、学識経験者、関係市町村、関係海岸管理者の意見を聴くとともに、地域の意見を反映した「海岸保全基本計画」を沿岸毎に定めることとなりました。
千葉県では千葉東沿岸および東京湾沿岸の海岸保全基本計画を策定し、海岸の計画外力設定の原則の見直しを行ったところです。
海岸のページ

(↑以上引用↑)
となっているが、これは一体いつの記事なのだろう?

神奈川県とのあまりの情報差に愕然。

イラスト入りでポイントを分かりやすく伝えたちらし。(神奈川県作 3/11以前につくられたもの)
津波から身を守るために
ハザード

東京時代MAP―大江戸編 (Time trip map-現代地図と歴史地図を重ねた新発想の地図-)東京時代MAP―大江戸編 (Time trip map-現代地図と歴史地図を重ねた新発想の地図-)
(2005/10)
新創社
商品詳細を見る

しなやかな社会の創造 災害・危機から生命、生活、事業を守るしなやかな社会の創造 災害・危機から生命、生活、事業を守る
(2009/12/17)
京大・NTTリジエンス共同研究グループ

商品詳細を見る

液状化、古地図を見ればリスクが分かる」(日本経済新聞 2011/6/1 )

 首都圏を中心に古地図が静かなブームだ。東日本大震災の影響で千葉県などが大規模な液状化災害に見舞われ、改めて自宅の地盤や土地の歴史を確認したい人が増えている。ただ古地図は作製した時代や場所でさまざまだ。我が家の「前史」を調べる効率的な方法を探った。

■図書館での閲覧希望、2倍に

液状化した道路(3月11日午後、東京都江東区)
画像の拡大

液状化した道路(3月11日午後、東京都江東区)

  浦安市が大規模な地盤液状化に被災した千葉県。県立中央図書館では「震災前と比べ古地図の閲覧希望者が2倍に増えた」(千葉県資料室)。東 京湾沿いの市川や船橋市民からの問い合わせが相次いでいる。震災の影響で休館中の茨城県立図書館にも古地図の閲覧問い合わせがあったという。

 内陸部の久喜市で地盤の一部が液状化した埼玉県でも県立浦和図書館には神奈川県など県外からも含め1日平均10~20人の利用希望者が訪れる。住宅購入の顧客に応じるためか不動産、建設関係者らの姿もちらほら目につくようだ。実際に閲覧申請して調べてみた。

■精度の高い旧陸軍の迅速測図

 同館が見せてくれたのが明治初期に旧陸軍が作製した関東地方対象の「第一軍管地方二万分一迅速測図」。江戸時代の絵図などでは現在の地図と照合しにくいためだ。

  迅速測図は近代史最大の内戦だった西南戦争(1877年)で戦闘用の地図に不足した陸軍が直後の80~86年に急きょ測量したもの。日本で 初めての近代的な方法で作製した地図で、現在でも十分通用する精度という。特に「フランス式」と呼ぶタイプは水色や黄色で水彩式に色分けされ一般利用者に も比較的分かりやすい。

  ただ迅速測図が縮尺2万分の1なのに対し、現在のスタンダードである国土地理院などの「地形図」は縮尺2万5000分の1。地図記号なども 違うため迅速測図1枚だけで目的の地域を特定するのは難しい。個人的にはサッパリ分からず、図書館員に教えてもらいながら現在の地図と比較する作業となっ た。

右が明治13年の新木場の様子。新木場周辺はまだ江戸湾の沖のかなたにある。左は現代の新木場

■明治期は湿地帯

 例えば、今回の地震で液状化した住宅街の久喜市南栗橋地区。同地域は国土地理院の1988年版地形図では「区画整理中」と記され宅地造成中だった。さらに78年版ではまだ水田地域だったことが分かる。

  「狐塚」といった昔からの地名を頼りにさらに遡っていくと水色に彩色され「葦(あし)」と書かれた湿地帯だったことが分かった。同館の長谷 川優子司書主幹によれば「明治期に埋め立てたことが郷土史に書かれている」という。現在の地図から5枚ほどの地図を時系列的に使い約1時間をかけてようや くたどり着いた。

  都市近郊を詳しく調べるには昭和初期から1950年半ばまでの「火災保険特殊地図」が便利で縮尺は地域によって異なり600分の1や 1200分の1。1500分の1や3000分の1のゼンリン社の「住宅地図」は1958年版から所蔵している。国土地理院が70年代に作製した「土地条件 図」を使い自然の高低地や人工造成地などの比較も知ることができるという。

現代の南栗橋地域。南北に走っているのは東北新幹線。「狐塚」「河原代」の地名が現在も残る
画像の拡大

現代の南栗橋地域。南北に走っているのは東北新幹線。「狐塚」「河原代」の地名が現在も残る

明治16年の南栗橋地域。「東・葦」「西」と記され水色に彩色された湿地帯があったことが分かる
画像の拡大

明治16年の南栗橋地域。「東・葦」「西」と記され水色に彩色された湿地帯があったことが分かる

■ネット上で公開も

  自宅などでじっくり見たいならば日本地図センター(東京・目黒)が迅速測図を1地域735円で販売している。浦安市の東京ディズニーラン ド、東京都江東区の新木場周辺などは、迅速測図の中では地図からはみ出し、はるか江戸湾の沖合いにある。手軽に使えるのは歴史ファンの散策向けに製作した 「東京時代MAP 大江戸編」(光村推古書院、1785円)。千代田区や文京、江東区などを江戸時代と現在とを重ね合わせて河川や堀などを埋め立てた場所 がひと目で分かる。

  ネット上では農業環境技術研究所(茨城県つくば市)の「歴史的農業環境閲覧システム」 (http://habs.dc.affrc.go.jp)で迅速測図を公開。現在の河川や道路、鉄道が赤、灰色などで重ね合わされている。米グーグルの フリーソフト「グーグル・アース」なども一部の古地図を提供している。

画像の拡大

■地名に隠された地盤情報

  「平成の大合併」などの自治体再編で地名変更が頻繁に行われ、古地図の見方はますます難しくなっている。現在の地形と比較するときの落とし 穴の一つが河川だ。「修復工事などで大幅に流れが変わっているケースもある」と浦和図書館の長谷川さんは指摘する。目印とするのは古くからの神社仏閣や旧 街道などが良いそうだ。

  名古屋大学大学院の福和伸夫教授は東京、大阪、名古屋の各都市圏でのバス停留所名からその土地の強弱を判定する研究を進めている。「公園や バス停の名前は昔からの土地名称が付けられていることが多い」(福和教授)。昔からの住民になじみ、行政区分の変更などに左右されない。「三大都市圏では おおむね500メートル四方に1つくらいの密度で存在する。地名から隠された地盤情報を読み取ることができる」(福和教授)という。合計で約5000カ所 のバス停留所名を調査している。

  「地震と防災」(中央公論新社)などの著者、武村雅之氏は「古地図で自宅の地盤を知ることが防災活動の第一歩になる」と話し、さらに自治体 が作製するハザードマップの利用も促す。「郷土史家や地元の人々から聞き取った地域独自の情報が蓄積されている。古地図から得たデータを肉付けするために も地元の図書館を利用してみては」と長谷川さんは勧めている。

(電子整理部 松本治人)

※古地図の出典は国土地理院の「第一軍管地方二万分一迅速測図」、現代の地図は国土地理院「縮尺2万5千分の1地形図」


関連記事
私たちの町のこと、もっとみんなで話そう、考えよう!
【もっとナイスな千葉にする提案BBS】はこちら

コメント

相互リンクのお誘い

昔の地図が売られているのですか、なるほど。
千葉も一部被害を受けていますものね、被災地に比べて報道はされないですが、復旧おつかれさまです。

ところで、弊社は田舎暮らしの物件を扱っている不動産会社なのですが。
田舎暮らし関係、または地域を紹介しているブログ運営者様に
相互リンクをしませんかとお声掛けしております。

私どもは、地域活性化も兼ねておりまして、
TwitterやFacebookなどで、田舎暮らしや地域の魅力を伝えつつアクセスを流し、
御サイトと地域のイメージアップを図っております。

もし、私どもの活動に、ご賛同いただけましたら、
こちらのページを見ていただき、
resort-bukken.com/

相互リンクをご検討いただければと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。